大会情報

2019年度の大会情報

2019年度 第8回大会テーマ 「関係性をめぐって」
大会長 今江秀和

【日時】 2019年7月6日(土)10:00ー19:00  7月7日(日)10:00ー17:00

【会場】 京都文教大学

【対象】 臨床心理・教育・福祉・医療などの分野において精神分析的心理療法を実践している、またはその実践に関心のある専門家もしくは大学院生で、事例に関する情報の守秘義務を守れる人  定員 300名程度

【参加費】
予約参加:一般 会員5,000円 非会員10,000円
あああああ院生 会員3,000円 非会員 4,000円
当日参加:一般 会員6,000円 非会員11,000円
あああああ院生 会員4,000円 非会員 5,000円

【参加申込方法】

電子メールで taikai.jfpp@gmail.com までお申し込みください。件名を「第8回大会申込」とし、下記①~⑥をご記入の上ご送信ください。
①氏名(ふりがな)   ②会員/非会員   ③所属・職種(学生の場合は学校名、学年)  ④臨床心理士資格の有無 ⑤懇親会予約の有無 ⑥非会員の方のみ郵便番号と住所
*電子メールをご使用にならない方はFAXにてご送信下さい。

【予約参加受付期日】 2019年5月末日

【振込期日】     2019年6月21日

プログラム

●大会企画シンポジウム

7月7日(日)13:30ー17:00
「関係精神分析をめぐって」
企画/司会:横井公一 今江秀和
シンポジスト:藤山直樹 妙木浩之 岡野憲一郎 富樫公一
指定討論:吾妻壮

●大会企画分科会

7月6日(土) 16:30ー19:00
「精神分析的心理療法入門〜さまざまな学派の共通点と相違点」
シンポジスト:武藤誠 宮田智基 中西和紀
指定討論:広瀬隆
司会:今江秀和 松本寿弥

●大会企画ワークショップ
7月6日(土)10:00ー12:30
1 子どものMBT (メンタライゼーションに基づく治療) 案内
講師:菊池裕義 上地雄一郎
2 保育・幼児教育に生かす精神分析—物語の動機を読み取る
講師:上田順一 森稚葉
3 臨床素材としての建築—精神分析の象徴性と現象学の身体性が交わるところ
講師:三村尚彦 塩飽耕規
4 心理療法におけるアタッチメント:見立てと介入の勘所
講師:工藤晋平

7月7日(日)10:00ー12:30
5 事例検討会
コメンテーター:吾妻壮 館直彦 飛谷渉
司会:武藤誠

●会員企画分科会・会員企画ワークショップ・研究発表 プログラムは現在準備中です。

懇親会: 7月6日(土)19:30ー20:30 参加費2,000円 要予約 ご参加お待ちしております!

□ お問合せ
日本精神分析的心理療法フォーラム事務局
E-mail:taikai.jfpp@gmail.com
Fax: 075-251-0350
Website:http://www.psycho-forum.jp/

演題募集

募集〆切:2019年3月16日
※以下のリンクから必要書類をダウンロードの上、 taikai.jfpp@gmail.com までお申込みください。

1) 演題募集要項2019 (PDF)

2) 会員企画分科会申込用紙 (Excelファイル)

3) 会員企画ワークショップ申込用紙 (Excelファイル)

4) 研究発表申込用紙 (Excelファイル)

会員企画分科会 発表:2時間30分
会員企画ワークショップ 発表:2時間30分
研究発表 発表:45分