大会情報

2021年度 第10回大会(2日間ともオンライン開催)

2021年度 第10回大会
「エナクトメントと逆転移の取り扱い:学派による対話」

【日時】
2021年7月3日(土) オンライン開催
2021年7月4日(日) オンライン開催

※4月の理事会にて、両日共にオンライン開催にて行う旨、決定致しました。
掲示のポスターには「2日目会場開催(追手門学院大学総持寺キャンパス)」とありますが、両日共にオンライン開催に変更しています。

日程・スケジュール

7月3日(土) オンライン開催

10:00~12:30 大会企画ワークショップ①
『遊ぶこと再考』
講師:館 直彦

14:00~18:00 全体会シンポジウム
『エナクトメントと逆転移の取り扱い:学派による対話』
企画/司会: 馬場 天信・横井公一
シンポジスト:富樫 公一・吾妻 壮・西村 理晃
指定討論:奥寺 崇・横井公一

7月4日(日) オンライン開催(会場開催から変更しています)

10:00~12:30 大会企画ワークショップ②
『間主観性概念をゼロから学びなおす—現象学×精神分析—」』
講師:浜渦 辰二・増尾 徳行

10:00~12:30  大会企画ワークショップ③
『Psychoanalysis Groups with Virus』
講師:十川幸司・飛谷 渉

13:30~16:00 大会企画事例検討会
『児童養護施設における子どもの精神分析的心理療法』
コメンテーター:生地 新・脇谷 順子
司会:金沢 晃
事例提供者:吉岡 彩子

16:30~19:00 大会企画分科会
『心理療法で語られるトラウマの物語』
司会:上田 順一
シンポジスト:森 茂起・平井 正三・櫻井 鼓

大会初日スケジュール大会2日目スケジュール

当日の詳細はプログラム表2021をご覧下さい。

参加要項

以下のフォームよりご登録ください。
https://forms.gle/DQMdncvcMNv2oPNGA

【対象】
心理臨床・教育・福祉・医療などの分野において精神分析的心理療法を実践している、またはその実践に関心のある専門家もしくは大学院生で、事例に関する情報の守秘義務を守れる方。

【参加費】
予約参加費:一般会員 5,000円 / 非会員 10,000円
院生会員 3,000円 / 非会員 4,000円

※当日参加枠をなくし、予約参加のみとしました。
※入会をご希望の方は「入会のご案内」をご参照ください。

【参加申込方法】
参加申し込み受付期間 2021年4月5日~5月末日
振込期限 2021年6月13日まで

演題募集

1.演題申込みについて(受け付けを終了しています)

下記URLから、演題申込要項をご参照いただき、申込フォーマットに記載の上、enja.jfpp@gmail.comまでご送付下さい。

演題募集要項(PDF)

申込フォーマット
個人発表申込みフォーマット(excelファイル)
会員企画WS申込みフォーマット(excelファイル)
会員企画分科会申込フォーマット(excelファイル)

会員企画分科会 発表:2時間30分
会員企画ワークショップ 発表:2時間30分
研究発表 発表:45分

演題申込期限 3月20日(土)

大会実行委員長 馬場 天信